水道や蛇口の水漏れは修理や交換で解決

水道や蛇口の水漏れは修理や交換で解決 水道は私たちの生活に必要不可欠なライフラインのひとつです。キッチンや洗面所、トイレなどにトラブルが発生し使えなくなってしまうと日常生活に大きな支障を来すため、一刻も早い解決が望まれます。
ぽたぽたと垂れる程度の水漏れであっても、水道代は確実に上がっています。水のトラブルは自然に直ることはありません。放置しておくと、程度によっては家具や床などに被害が広がる可能性も出てきます。水漏れがわずかだからと甘く見ず、早い段階で適切に対処することが大切です。
水道トラブルは、いつ起こるかわかりません。深夜や休日に起こった場合には、自分で応急措置をする必要があります。いざというときに慌てないためにも、緊急時の対応や修理の方法について理解しておきましょう。

■水漏れの原因と起こりやすい場所

水漏れは、キッチンやトイレ、洗面所、お風呂など水まわりと呼ばれる場所でよく起こります。洗濯機の下に水が漏れている場合は、洗濯用水栓や洗濯機の排水ホースだけでなく、洗濯機本体が原因のことも少なくありません。シンクや洗面台の下なども目に見えないところで起こることもあるので注意が必要です。
水道の水漏れが起こる原因は、主に経年劣化、接合部分の緩み、パイプ自体の破損、詰まりの4つです。蛇口や便器、温水洗浄便座やパイプなど、水まわりで使われている部品の多くは7年から10年で耐用年数を迎えます。設置から10年前後経っている場合には、部品が劣化している可能性が高いです。接合部分から水が漏れているときは、緩みを疑いましょう。地震の後などは、衝撃により接合部分が緩むこともよくあります。緩んでいるだけの場合は、締め直すだけで元に戻ります。
屋内配管はもちろん、地中の水道管も経年劣化が避けられません。寒冷地では凍結による破損の可能性もあります。冬期は水抜きを忘れないようにしましょう。パイプに問題がなくても、詰まっていると排水が逆流して漏れることもあります。詰まりが原因の水漏れは、詰まりを取り除けば解消できます。

■水漏れに気づいたときの応急措置
水が止まらなかったり床が水浸しになっているときは、被害が広がるのを防ぐために、まず最初に水道の元栓、止水栓を止める必要があります。キッチンやトイレ、洗面台などには、修理やメンテナンスのとき水を止めるための止水栓が取り付けられています。水が漏れている場所がはっきりしているときは、止水栓を回して水を止めます。キッチンはシンク下、トイレはタンク付近、洗面台は収納部分に止水栓があることが多いです。止水栓は直接手で回せるハンドル付きのものと、マイナスドライバーで回すタイプがあり、どちらも時計方向に回します。
止水栓の場所が見つからない場合やどこから水が漏れているのかわからないときは、元栓を止めます。元栓は一戸建てはメーターボックス、マンションではパイプシャフトと呼ばれる玄関横の扉の中に設置されています。元栓を閉めると家中の水が止まり、使えなくなってしまうため注意が必要です。
賃貸物件にお住いの場合には、元栓、止水栓を止めた後、管理会社や大家さんに連絡を入れ、対応について指示を仰ぎましょう。

■業者に依頼するかどうかの判断基準

水漏れの中には、自分で修理できるものもあります。接合部分が緩んでいるだけの場合は、自分で直せます。詰まりが原因のときも、専用の薬剤やワイヤーブラシなどを使って直せる可能性が高いです。ホームセンターなどで購入し、挑戦してみるのもよいでしょう。
水がどこから漏れているのかわからない場合や、水漏れの量が多いときは、プロの手に委ねるのが基本です。二次被害を防ぐためにも、できるだけ早く水道修理業者に依頼することをおすすめします。
蛇口の先、根元などから水が漏れている場合は、パッキン交換で直せます。しかし、レバーひとつで水とお湯の出る量や温度を調節するタイプの水栓については注意する必要があります。シングルレバーやサーモスタット式混合栓などの修理は、部品が手に入ったとしても、知識がなければ難しいことが多いです。構造が複雑な水栓の修理は、業者に依頼するようにしましょう。

■まとめ
水漏れはトイレやキッチン、洗面所などよく使う場所ほど起こりやすいものです。水道トラブルは、どんなに気を付けていても起こる可能性があります。トイレの使用後はタンクやパイプの接合部分から水が漏れていないかどうか、キッチンのシンクや洗面台の下なども定期的に確認するとともに、万が一の場合に備えて緊急時に対応してもらえる業者を探しておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース